自然素材を活かす

人に優しい、地球に優しい家づくりを目指して

自然素材を活かす
古来より人は自然と共存し、生活してきました。
歴史上の建築物も、木、石、土、草というような、自然界に存在する限られた材料だけで造られてきたわけです。

近代化が進み、コンクリートや鉄、そして新建材が加わり建築物の様々な可能性が広がりました。
このような新たな素材は、耐久性の良さや、意匠性、機能性など、私たちの生活になくてはならない存在です。
今後も様々なニーズを満たしてくれるでしょう。

しかし、新建材の発展とは逆に「自然素材」を見直す声が近年注目されています。
新建材には性能を高めるため様々な加工技術が施され、多くの科学物質が使用されています。これらの化学物質には、人の健康に悪影響を及ぼすものも含まれているとも言われ、代表的なものには「シックハウス症候群の原因」とも考えられています。

一概に、新建材による影響とは確信できないものの、この事を慎重に検討される建主様も多くなっているはず。
当然、空気環境とは違った、意匠性や風合などを意識して自然素材の採用を選択される方も多くいらっしゃいます。

デプロホームでは、そんな「声」を環境コンセプトとし、自然素材の提案に力を入れています。
自然素材を提案するうえで木材、紙、草、石、土など自然界に存在する多様な素材に取り組んでいます。
ムクの木をはじめ、タイル、大理石のほか、コルクなどを使った床材や、珪藻土や漆喰といった壁材などがあります。

皆様が不安視されるシックハウス症候群や化学物質過敏症に悩む人、アトピーを持つ子供などの健康配慮に効果の高い素材だと考えています。また、上質な質感と雰囲気は心地よい空間を提案できることでしょう。

床材

床材

壁材

ルナファーザー

塗料

プラネットカラー