小さな家の「力」コンセプト

小さな家の「力」コンセプト

小さな家の「力」プロジェクト

プレタポルテ

建築コンセプト
 床面積20坪~30坪の構成。
 建築予算は全てを含む金額で1,000万円台。
 狭小地や変形地でも可能な建築計画。
 デザイン性、環境性、機能性にこだわった住宅。

小さくてもいいから、リーズナブルな価格帯で、自分たちの想いがぎっしり詰まったこだわりのオーダー住宅が欲しい!」そんな相談をお受けすることが近年多くなっています。そんな声を形にした企画が、小さな家の「力」プロジェクトです。


小さな家でゆとりのある生活

プレタポルテ住宅間取り一般的に住宅の面積を表現するうえで「坪」という単位が使われます。大半が、大きな坪数=大きな空間と認識されていますが、その考え方こそが大きな錯覚であると考えます。

地方圏では35坪~40坪程度が常識のように言われていますが、都市部においては、15坪~20坪の床面積が生活可能な空間として成り立っています。

空間の価値とは、各家庭に対する家族構成や生活スタイルによって違うはず。むしろ、その生活基準にあわせた間取りの作り方こそが重要です。

デプロホームの考える小さな家の「力」プロジェクトは、この地方圏における生活上まったく無理のない空間で、最小限の坪数におさえた「無駄のない」間取り構成を提案しています。

 
 
 

機能的かつこだわりの提案

床面積は小さくなればなるほど、間取りの構成が難しくなります。
限られた面積の中に必要な部屋数や収納力、そして空間の演出など、設計力が問われる何度の高い企画と言えるでしょう。

しかし逆を言えば、面積の「制約」こそが建築士の実力の見せどころでもあり、斬新な発想を生み出すものと考えています。
小さな家に詰まった「たくさんのこだわり」をご提案します。

例えば・・・

side4

・無駄な廊下やホールがないことでコンパクトな動線になる

・造付けの家具収納を組み合わせることで、必要以上の家具を設置せず乱雑にならない

・階段下や壁の厚みを活かし、収納力をアップ

・窓の種類や大きさ、設置位置(ディテール)を工夫し、視界の抜けや明るさを演出

・無駄な構造を増やさず、天井の高さや吹抜け空間を工夫し広さを演出

・間仕切り壁を極限まで無くし大空間を演出
(将来の改築に備え可変性においても有利)

・床や天井、壁の仕上げに無垢材、タイルなどをコーディネート

 等々、様々なご提案が可能です。

建築費用に対する考え方

近年、住宅購入者層のニーズが25歳~35歳に集中しています。
このニーズの背景にある建築費用は今後の住宅産業に大きく影響します。

年収や自己資金、土地の有無などを総合的に考えていくと、建物取得金額の大半が1500万~2000万の計画と予測されます。
もちろん、大きな土地で、大きな家、そして最高の品質の家を望む消費者がほとんどですが、現実は難しい課題になるでしょう。

建築費とは

小さな家の「力」プロジェクトでは、住まい手が暮らしやすいレベルで、材料と機能性、空間演出の充実に力をいれます。全てにローコストを提案して金額を落とすのではなく、無駄な床面積をなくす手法でリーズナブルな価格体を実現します。

予算

本体価格: 1,400万~1,900万円(税込)
建築本体(設計費・照明器具含む)

※別途内容:外構・空調設備・給湯機器・カーテン
※上記価格の幅は床面積や使用する設備機器、仕上の材料によって異なります。

敷地条件

201510021

土地面積 最小面積30坪代~(駐車台数2台の場合)
※敷地の形状に合わせたプラン変更も可能
方位 南面道路、北面道路 可能

地方圏の土地に対する考え方は、一般的に「住宅部分・庭・駐車スペース」の3つのゾーンで構成されます。その中でも絶対必要とされる、駐車スペースの確保が重要です。
平均面積は車2台分、最小で5m×5mで設計されます。(車のサイズにもよります。)

庭や通路の確保と住宅部分の面積を35坪~40坪(2階建)と仮定した場合、55坪~65坪の土地が普及している大きさです。
小さな家の「力」プロジェクトは土地に対する制限も40坪から、また、車の台数によっては30坪代の狭小地にも建築可能です。

ギャラリー

デプロホームが施工した小さな家の「力」プロジェクトの施工例をご紹介します。
あなたのイメージに合ったお家の施工事例を探してみてください。画像をクリックいただくと詳細をご覧いただけます。